一橋大学社会科学古典資料センター年報 No.43(2023年3月刊行予定)に掲載する論文を募集します。投稿希望者は投稿規定をご確認の上、以下の期限までにご提出ください。

  • 国公私立大学その他研究機関に属する教職員、もしくはそれに準ずる方 … 10月末日
  • 大学院博士後期課程在学者、それに準ずる修士課程修了者、および査読を希望する方 … 9月末日

一橋大学社会科学古典資料センター Study Series No.79を発行し、機関リポジトリHERMES-IRで公開しました。(PDF版のみの発行です。冊子体の出版はありません。)

Study Series No.79(2022年3月)
吉川也志保翻訳『フランス第二帝政期の帝室図書館と帝国文書館に関する委員会議事録』(下)

関連文献

Study Series No.67(2012年3月)
吉川也志保復刻『フランス第二帝政期の帝室図書館と帝国文書館に関する委員会議事録』(上)

Study Series No.75(2019年3月)
吉川也志保復刻『フランス第二帝政期の帝室図書館と帝国文書館に関する委員会議事録』(中)附属史料

一橋大学社会科学古典資料センター年報 No.42を発行し、機関リポジトリHERMES-IRで公開しました。(PDF版のみの発行です。冊子体の出版はありません。)

一橋大学社会科学古典資料センター年報 No.42(2022年3月)
《目次》
森 宜人「福田徳三とドイツ歴史学派経済学 —カール・ビュッヒャーとの関係を中心に—」
屋敷二郎「近世初頭の法律学文献を求めて : センター新収図書概観」
2021年センター報告・日誌


一橋大学社会科学古典資料センター Study Series No.78を発行し、機関リポジトリHERMES-IRで公開しました。(PDF版のみの発行です。冊子体の出版はありません。)

Study Series No.78(2022年1月)
加藤 博・出川英里『19世紀中葉エジプトにおける「遊牧民」家族の構成とサイクル』

Study Series No.67の正誤表を、機関リポジトリHERMES-IRで公開しました。

Study Series No.67(2012年3月)
吉川 也志保復刻『フランス第二帝政期の帝室図書館と帝国文書館に関する委員会議事録(上)』

社会科学古典資料センター閲覧室に、無線LANアクセスポイントを設置しました。以下の無線LANサービスをご利用いただけます。

1284Wireless(全学無線LANサービス)

  • ご利用には、一橋認証ID(ユーザID・パスワード)が必要です。
  • 詳細についてはウェブサイトをご確認ください。

eduroam(国際学術無線LANローミング基盤)

  • ご利用には、所属機関による登録・加入が必要です。
  • 詳細についてはウェブサイトをご確認ください。

一橋大学社会科学古典資料センター年報の投稿論文の募集を開始しました。投稿希望者は投稿規定をご確認の上、10月末までにご提出ください。

一橋大学社会科学古典資料センター年報 No.41と、Study Series No.77を発行し、機関リポジトリHERMES-IRで公開しました。(PDF版のみの発行です。冊子体の出版はありません。)

一橋大学社会科学古典資料センター年報 No.41(2021年3月)
《目次》
森 宜人「三つの百周年にのぞんで」
久保亮輔「イスラム法学書を用いた社会経済史研究の可能性 : オスマン朝征服期エジプトのワクフをめぐる議論に着目して」
2020年センター報告・日誌

Study Series No.77(2021年3月)
森 宜人『アフター・コレラのハンブルク : エピデミックによる失業の発見と公共職業紹介所の展開』

4月1日(木)からの社会科学古典資料センターの利用について、以下のとおりとします。
なお、新型コロナウィルス感染症の流行状況により、予告なくサービスが変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

来館時の注意

  • 発熱、咳、倦怠感等、体調不良の方は、来館をご遠慮ください。
  • 来館の際はマスクをご着用ください。
  • 閲覧室入室前に、ロビーの洗面台で、必ず石鹸を使って手を洗ってください。

資料の閲覧・複製

  • 本学在籍者、および、所属機関または本学教員の紹介状をお持ちの方が、利用できます。
  • 資料の利用は事前申込制です。利用希望日の7開館日前までに申込フォームから申し込んでください。
  • 利用時間は、当面の間、9:15~12:00、13:00~16:45 です。
  • ご利用は1日1名とします。利用希望日が他の利用者と重なった場合は、調整させていただきます。
  • 利用方法の詳細は利用案内をご覧ください。

開架資料の郵送貸出

複写物の取り寄せ

  • 本学在籍者への複写物郵送サービスは終了しました(複写物郵送が必要な事情がある方は附属図書館レファレンス相談webフォームへご相談ください)。
  • 他大学や研究機関等に所属されている方は、所属する機関を通じてお申込みください。
  • 上記以外の方はお問合せください。

授業での利用

  • 当面の間、授業でのセンター利用は休止いたします。

見学

  • 当面の間、見学は休止いたします。

更新履歴

6月22日(月)より、社会科学古典資料センターの利用を以下のとおり再開します。

なお、引き続き本学関係者以外の入構禁止措置がとられているため、学外の方はご利用いただけません。複写物の提供にて対応します。

来館時の注意

  • 発熱、咳、倦怠感等、体調不良の方は、来館をご遠慮ください。
  • 来館の際はマスクをご着用ください。着用できない場合は、咳エチケットにご協力ください。
  • 入館前に、ロビーの洗面台で、必ず石鹸を使って手を洗ってください。

資料の閲覧・複製

  • 資料の利用は事前申込制です。利用希望日の7開館日前までに申込フォームから申し込んでください。
  • 利用時間は、当面の間、9:30~12:00、13:00~16:30 です。
  • ご利用は1日1名とします。利用希望日が他の利用者と重なった場合は、調整させていただきます。
  • 利用方法の詳細は利用案内をご覧ください。

開架資料の郵送貸出(9月16日更新)

  • HERMES-Catalogの配架場所が「古典センターコード分類」「古典センター本館分類」のうち貸出可能な資料は、附属図書館を通じての郵送貸出が可能です。詳しくはこちらをご覧ください
  • 古典資料センター資料の郵送貸出冊数は、図書館からの郵送貸出冊数(上限3冊)に含まれません。貸出期間は2週間+5日になります。
  • 開架資料を古典資料センター内で閲覧したい場合は、貴重資料と同様に、利用希望日の7開館日前までに申込フォームから申し込んでください。

複写物の取り寄せ(9月16日更新)

  • 本学に在籍する学生・教職員は複写物の取り寄せができます(有料)。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 他大学や研究機関等に所属されている方は、所属する機関を通じてお申込みください。
  • 上記以外の方はお問合せください。

授業での利用

  • 当面の間、授業でのセンター利用は休止いたします。

見学

  • 当面の間、見学は休止いたします。

更新履歴

2020.06.12 6月22日以降の利用案内を公開

2020.07.31 開架資料の貸出・複写を追加

2020.08.19 開架資料の郵送貸出/複写物郵送サービスを追加

2020.09.16 開架資料の郵送貸出の対象エリア制限を撤廃・貸出期間変更、複写物郵送サービスの対象エリア制限を撤廃