センター紹介

センター紹介

一橋大学は商法講習所(明治8[1875]年創立)以来百三十年を経た歴史の中で多くの社会科学の古典を蓄積してきました。これらの貴重な古典を集中管理し、諸社会科学研究者のより高度な研究に資するために、本センターは1978年に附属図書館から分離され、独立の機構と目的とを持つ貴重書図書館として設立されました。現在のセンターの蔵書数はおよそ7万5千冊です。

この中には、カール・メンガーオットー・ギールケ左右田喜一郎の三教授の旧蔵書、フランクリン文庫ベルンシュタイン=スヴァーリン文庫という世界的に著名かつ重要なコレクションがあります。このほか、いくつかのコレクションを含めて、1850年以前の刊行物はすべて貴重書としてセンターに収蔵され、毎年増加しています。これらは、マイクロフィルムで収蔵されているゴールドスミス=クレス文庫 とともに、社会科学古典文献の世界的に貴重な巨大宝庫を形成しています。

また、本センター所蔵資料の書誌・所蔵情報を一橋大学図書館オンライン目録(HERMES )等さまざまなオンラインデータベースに登録する作業も進められており、学内外での利用の便の向上がはかられています。平成19年度からは、HERMES-IR (一橋大学機関リポジトリ)を通じて、所蔵資料の一部が全文閲覧できるようにもなりました。今後本センターの所蔵資料がいっそう活用され、多くの独創的な研究成果が生み出されることを願っています。

デジタル・ライブラリー

関係規程

活動報告

文献・関連リンク

最終更新日時

このページのTOPへ