研究・教育活動

古典センターの出版物

一橋大学社会科学古典資料センター年報

当センター所蔵の貴重資料・文庫の紹介、研究ノート、事業報告、新収図書リスト等を主な内容として、年1回発行しています。『年報』20号以降は内容を本サイトでオンラインで閲覧できます。また19号以前のものの一部は、HERMES-IR (一橋大学機関リポジトリ)からご覧いただけます。

『年報』22号より、投稿論文を募集しています。投稿規定をご一読の上、ご投稿下さい。

Study Series(スタディー・シリーズ)

古典資料を題材とする研究成果の発表の場として、年間2〜3号発行しています。Study Seriesのバックナンバーの一部は、HERMES-IR (一橋大学機関リポジトリ)からご覧いただけます。

年報・スタディシリーズの入手については、以下までお問い合わせください。

一橋大学社会科学古典資料センター
〒186-8602 東京都国立市中2-1
TEL.042-580-8248 FAX.042-580-8250
koten@lib.hit-u.ac.jp

ディスカッション・ペーパー

一橋大学社会科学古典資料センターでは、センタースタッフ等による研究成果を、ディスカッション・ペーパーとしてとりまとめ、随時発行しています。学会、関連研究機関等の方々から幅広くご意見をいただくことを期待しております。

  • No.1 : 17世紀後半ヘリフォード州の農村における住居と家財道具(石井 健) May 1999
  • No.2 : J.M.ケインズの有効需要論 −『貨幣論』と『一般理論』−(渡会勝義) March 2000
  • No.3 : Robbins's economic theory and his theory of the firm(Yuichi KIMURA) December 2006
  • No.4 : Early Kaldor on the theory of the firm: a disequilibrium approach(Yuichi KIMURA) March 2007
最終更新日時

このページのTOPへ