研究・教育活動

センター年報投稿者へ

年報投稿規定

投稿の分野

『一橋大学社会科学古典資料センター年報』編集委員会は,『一橋大学社会科学古典資料センター年報』にたいする社会科学古典資料に関する諸研究の投稿を受け付けています。

投稿者の範囲

投稿者は,原則として国公私立大学その他研究機関に属する者または大学院修士課程修了者,もしくはそれらに準ずる者とします。

枚数

論文は400字詰め原稿用紙50枚以内(図表・註を含む)とします。

投稿方法

(1)投稿者は,原稿データ(MS WORD形式が望ましい)を作成してください。原稿は横書きとし,日本語原稿の場合は英文タイトルを付け,執筆者の勤務先・職名を論文の末尾に明記してください。

(2)原稿データを所定の電子メールアドレスに送信してください。同時に,印字されたコピー一部に,後述する投稿者に関する事項を記した別紙を添えて,書留で郵送してください。その際,封筒左端に「投稿論文在中」と朱書きしてください。郵送されたコピーと別紙は返却しません。

(3)別紙(様式自由)には,投稿者の氏名・所属(一橋大学大学院生の場合は学籍番号も記す)・住所・連絡のつく電話番号・電子メールアドレスを明記してください。なお,一橋大学大学院に所属している者については現在の研究指導者名も付記してください。個人情報はこの投稿に関する用途にのみ使用します。

(4)写真・図表等を転載するなど著作権にかかわる手続きが発生する場合には,投稿前に処理を済ませてください。

(5)投稿後,査読結果が出るまで原稿の修正は認められません。

締切

各号の投稿締切は,毎年10月末とします。

査読方法

(1)投稿論文にたいして,少なくとも1名の外部委員を含む2名からなる審査委員会による審査を行います。

(2)編集委員会は,審査委員会の意見にもとづき,掲載・書き直し指示等の最終決定を行います。

(3)編集委員会は,審査委員会設置後1か月後を目途に,速やかに審査結果を投稿者に通知します。再査読以降の場合も同様です。

(4)審査は,投稿者・査読者ともに匿名で行います。審査に関する問い合わせは受け付けません。

校正

校正は1回までとします。その際大幅な書き直し,追加,削除等をしてはいけません。

著作権

掲載論文の著作権は,社会科学古典資料センターに帰属します。ただし,著者が著者自身の研究・教育活動に使用する際は,許可なく使用することができるものとします。

宛先

〒186-8602 東京都国立市中2-1 一橋大学社会科学古典資料センター宛
(郵送の場合、封筒左端に「投稿論文在中」と朱書きのうえ、書留にてお送りください)

原稿データ送付先

koten@lib.hit-u.ac.jp

最終更新日時

このページのTOPへ