貴重書コレクション

ニュートン『プリンキピア』

Philosophiae naturalis principia mathematica
(Soda Ab.779)

出版事項

Philosophiae naturalis principia mathematica / Is. Newton
出版者 Londini : Jussu Societatis Regiae ac Typis Josephi Streater ...
出版年1687
形 態383, 400-510 p. ; 25 cm
注記事項 "Imprimatur, S. Pepys, Reg. Soc. Praeses. Julii 5. 1686."
著者標目 *Newton, Isaac, Sir, 1642-1727
本文言語 ラテン語

解説文

『光学』と並ぶニュートンの主著であり、科学史上もっとも重要な著作の一つ。1684年の王立協会の会合で逆二乗則から天体運動を導く問題が提出されたことがきっかけで執筆され、エドマンド・ハリーの私費で出版された。初版は400部ほど印刷されたと推定されている。この初版にはタイトルページの出版事項の相違から国内販売用とSamuel Smithという販売者名の入った輸出用の2種類の異版があることが知られているが、センター所蔵版は国内販売用の一つである。ただし、この国内販売用の版にもいくつかのヴァリアントが存在する。なお、センター所蔵版には彗星の軌道を描いた折り込み図版が欠けており、正誤表も含まれていない。

最終更新日時

このページのTOPへ