貴重書コレクション

その他貴重書


ホッブズ『リヴァイアサン』

ルソー『エミール』

ルソー『社会契約論』

アダム・スミス『国富論』

マルサス『人口論』

ヒューム『道徳原理論』

『百科全書』

カーライル『過去と現在』

「一般貴重書」とは、1850年以前に刊行された図書で、本学で購入した貴重書と、佐野(貴D)、村瀬(貴E)、上田(貴F)、Lexis(貴G)、青山(貴H)、良知(貴K)、山内(Yamauchi)、鳴海(Narumi)等の文庫に所属する図書のうちから原則として1850年以前に刊行された図書を抽出したものの総称である。近年購入したコレクションとしては、例えば、「近代ヨーロッパ社会科学貴重書」(貴J、目録あり、869冊)、「法学論文コレクション」(ドイツ法学博士論文、1万7,673点・616巻)、「英国ヴィクトリア朝期パンフレット・コレクション」(1815〜1850、貴A-A709〜A863、1851年以降は附属図書館が保管、KAe82)、「ヘンリー・グラタン・コレクション」(貴A-B103、アイルランド史関係、目録あり、325点)、「イギリス啓蒙思想研究文献コレクション 」(貴A-B353〜B438、目録あり、90点)と「西洋社会経済研究文献集成 」(貴A-B439〜B578、フランス社会経済思想史関係、目録あり、200点)等がある。

内容は本学の長年にわたる学問研究の歴史的蓄積を反映して社会科学、人文科学の極めて広い範囲に及び、モア、エラスムス、ボダンらの16世紀の著作から19世紀に至るまでの1万冊を越える古典資料が所蔵されている。例えばその中にはホッブズの『リヴァイアサン』初版(1651年)、『百科全書』初版(1751年)、マルサスのサイン入り『人口論』初版(1798年)、同『経済学の諸定義』(1827年、筆者からセーへの献呈本でセーの書き入れがある)等が含まれている。その他ゴールドスミス=クレス文庫に所蔵されていない文献も多く、またロバート・オーウェン関係の相当数の文献があることも注目に値する。またヒューマニタリアン連盟の創始者ヘンリー・S・ソールトから平和主義者バートラム・ロイドにあてた未発表書簡(貴A-A569)や、ユゴー、バルザックら著名なフランス人作家たちの書簡(貴A-799)、1848年革命時のウィーンを記録したリトグラフ等も所蔵している。

文献

最終更新日時

このページのTOPへ