貴重書コレクション

メンガー文庫


メンガー『国民経済学原理』

ケネー『フィジオクラシー』

セー『経済学概論』

J.S.ミル『経済学原理』

マルクス『資本論』

オーストリア学派の創始者の一人として知られる経済学者カール・メンガー(1840-1921年)が蒐集した約2万冊からなる世界的コレクション。メンガー文庫は、全体として、以下の3つの特色を持っている。第一は経済学・社会思想の古典の充実度、第二はヨーロッパの十数ヵ国語にわたる周辺諸学への豊富な広がり、第三にはメンガー自身による数多くの書き入れ、自筆ノート、書簡などのドキュメントやマニュスクリプトが含まれている点である。

第一の特色をなす経済学・社会思想の古典の蔵書は全体の6割を占めていて、Lateinische, Alt-Deutsche, Compendien, Monographien, Englische, Franzosische, Italienischeに分かれている。ラテンではカンパネラやエラスムス等の16〜17世紀の古典、アルト・ドイッチェではドイツカメラリストの作品が中心に収められている。コンペンディエンの中には主として歴史学派およびメンガーの同時代人ラウ、コンラート、ロッシャー等の作品が分類されている。モノグラフィーエンには、メンガー自身の著作や彼の兄弟アントン、マックスの著作の他に、『資本論』(1867年)の第1巻初版などがあり、広い意味での経済学の古典が含められている。英語文献では『国富論』(1776年)の各版、各国語訳、マルサス、リカードの主要著作の初版をはじめとして、重商主義から古典派経済学、さらには彼と同様に限界効用学派の祖といわれるジェヴォンズにいたるまで系統だった著作が収集されている。フランス語文献の方も、ボダン、ネッケル、チュルゴー等からワルラス、さらには社会主義者の作品まで幅広い範囲で選択されている。

第二に、この文庫では法学、歴史学、社会学、民族誌、旅行記、統計、雑誌類など実に多方面にわたる収書が行われている。これはメンガーの生涯における学問的思索の広がりとビブリオフィリズムとの結果であるが、このため経済学に限らない多くの専門分野からのこの文庫の利用が可能となっている。またこれは、経済学のパラダイム変換を図って経済人類学への道を開いたとも評される『国民経済学原理』改訂稿(没後出版)にいたるメンガー経済学の到達点、全体像をとらえるための手がかりともなる。

第三の特色については、まず蔵書の随所に見いだされる書き込みが重要である。特に上記『原理』初版の手沢本には実に細かい書き入れがあり、彼の改訂の意図を知る上での大きな手がかりとなる。その他、『国富論』独訳(1846年)やミル『経済学原理』独訳(1864年)、また当時の標準的教科書であったラウの『国民経済学要綱』第7版(1863)やロッシャーの『国民経済学大系』第6版(1866年)をはじめとするドイツ歴史学派の諸文献等にも無数の書き入れが見られ、メンガーの経済学の形成・発展過程を研究する上で極めて貴重な資料といえよう。

また当時の著名な経済学者であったコンラートや兄のマックスからの書簡、手書きの図書整理簿、古書業者からの請求書など彼の生活やコレクションの成立経緯を窺いうる興味深い資料が含まれる。

最終更新日時

このページのTOPへ