貴重書コレクション

ギールケ文庫


ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』

ヘーゲル『法の哲学』

グロティウス『戦争と平和の法』

「団体法論」で名高いベルリン大学教授オットー・フォン・ギールケ(1841-1921年)の約1万冊の蔵書。本コレクションの中心は法学で、法学一般、民法、国法、労働法、刑法、商法、教会法、慣習法といった分野に分かれ、さらにそれぞれの分野で、歴史、一般、地方に細分化されている。中でも民法、国法は全体の50%を占めている。民法の中にはローマ法部門があり、そこにはヴァンゲロウの『パンデクテン法教科書』のような手書きの講義ノートもある。ギールケの主著『ドイツ団体法論』(1868-1913年)をはじめとする一連の著作も多くはこの民法の分野に分類されている。その他、L.ブレンターノ、J.コブラー、M.パッペンハイム、U.シュトゥッツ等の作品も多く、それぞれ50冊を越えている。なおギールケ文庫には法学の周辺領域として政治学、経済学、社会学等の文献も所蔵されている。

文献

最終更新日時

このページのTOPへ