貴重書コレクション

フランクリン文庫


『マグナ・カルタ』

「メディチ家帳簿」

「フランス王室公文書」

「ロブリエール家文書」

ルソー『人間不平等起源論』

モンテスキュー『法の精神』

古典文献のリプリントで知られるバート・フランクリン(1903-1972年)の個人コレクション。コレクションは、図書約7,000冊、パンフレット類約9,000点、マニュスクリプト約600点からなっている。図書の中にはインキュナブラが含まれ、クレチェンチの『農業便宜論』(1471年)やアウグスティヌスの『神の国』(1489年)などがある。図書は、フランス、イギリスの経済学・社会思想関係の古典が中心で、ゴールドスミス、クレスライブラリーに所蔵されていない文献が数多くある。特にティレルの『パトリアルカ・ノン・モナルカ』(1681年)やエルヴェシウス『精神論』(1758年)に合冊された『精神論』に関する当時の資料などは稀覯な文献である。

パンフレット類は、フランス、イギリス関係のものが主で、特にその大半を占めるのはフランス革命(1789年)前後の法令等のパンフレットである。

マニュスクリプト類の中には、13世紀の南仏ラングドックの土地賃貸契約書にはじまって、マグナカルタの写本2点(14世紀)、メディチ家の帳簿、チュルゴーの筆跡のある手紙、フーリエ、エティエンヌ・カベー、J.B.セーの手紙などが含まれている。なかでもフランスのロブリエール家のコレクション(14〜18世紀)27冊は体系的なもので、中世の封建諸侯の歴史を研究する上での重要な史料と考えられる。

フランクリン文庫収録資料の一部は、HERMES-IR (一橋大学機関リポジトリ)を通じて全文閲覧できます。

文献

最終更新日時

このページのTOPへ