貴重書コレクション

『マグナ・カルタ』

Magna Carta and other statutes
(Franklin 18051 MS.3)

出版事項

[Magna Carta and other statutes, to 18 Edward I, charters of liberties, and law-tracts. s.l., ca. 1300]
出版年 [ca. 1300]
形 態 [269] p. (26 lines) : vellum ; 22 cm
注記事項 Title from printed catalogue
Gatherings chiefly of 10 leaves, with catchwords
Initials flourished in red and blue; headings, etc. in red
Original binding of oak boards
Bibliographical description in typescript pasted on the first leaf
Accompanied by table of contents, manuscript note on binding and bibliographical description on another Magna Carta
Contents: Magna Carta Regis Henrici omnium Libertatum, Carta de libertatibus Foreste, Statuta de Merton, Statuta Marlebergie edita, Prima statuta Regis Edwardi apud Westmonasterium edita, Statuta apud Gloucestriam edita, Prouisiones Westmonasterienses, Statuta domini Edwardi Regis apud Westmonasterium, Extracts from statutes of penalties for offences, Statuta domini Edwardi Regis Auglie apud Glouerniam, Statuta abreuiata, Narracio in breuibus, De breui de quo Waranto, De empcionibus et uendicionibus terrarum et tenementorum, Placita episcopo Norwicensi par dominum Regem concessa, De homagio et fidelitate facienda, Quia Emptores, Summa de Hengham, Summa Fet asauer, Summa de essoniis iudicandis, De essoniis calumpniandis, De assisa panis et ceruisie et ponderis panis, De ponderibus
本文言語 ラテン語,フランス語

解説文

フランクリン文庫に含まれる600点近いマニュスクリプトのうちで、年代的にもっとも古いものの一つが、この「マグナカルタ写本」である。13世紀初頭、イギリス国王ジョンはフランス国王フィリップ2世にヨーロッパ大陸での領土のほとんどを奪われた上、頻繁な課税と軍役の要求によって貴族の不評を買っており、1215年6月に貴族が起草したマグナカルタへの書名を強制された。これは前文と63条の規定からなり、国王と貴族の封建的主従関係における相互の権利・義務を定めたものであって、「国王も法の下にある」という原則を打ち立てた文書として重要である。次のヘンリ3世、エドワード1世の時代にしばしば国王と貴族の紛糾の元になり、修正や再確認の文書がたびたび作られた。センター所蔵のものは、1300年頃に複写されたもので、それらの文書を全部で136葉の羊皮紙にゴチック体の小文字で記している(最初の5葉がマグナカルタ)。縦21cm、横15cmほどの羊皮紙を、厚さ6mmほどのオーク材でバインドした装丁が特徴的である。

最終更新日時

このページのTOPへ